オンライン英会話

誰でも緊張する!初めてのオンライン英会話で惨敗した私の体験談

 

「初めてのオンライン英会話のレッスン緊張するなあ…こんなに緊張しているのは私だけ?どうやってみんな乗り切ってるの?これからオンライン英会話のレッスンをする人向けに緊張しないアドバイスがほしいです」

 

このような悩みに、オンライン英会話歴1年弱、30社以上を体験した筆者がお答えします。

本記事を読めば、オンライン英会話で緊張するのは自分だけではないことや、緊張を乗り切るための対応策が分かりますので、ぜひチェックしてみて下さいね。

 

初めてのオンライン英会話で緊張してボロボロだった私の体験談

初めてのオンライン英会話は誰でも緊張するということを、私の体験談から紹介したいと思います。
少しでも皆さんの安心材料になればと思いますので、ぜひ笑ってやってください。

 

私が初めてオンライン英会話を利用したのは、会社員2年目の頃です。
会員数ナンバー1という口コミを見て、大手オンライン英会話の「レアジョブ」で始めることにしました。

当時の英語力は、かろうじて“My name is ”が言えるぐらい…
でも会員が多いってことは、きっと継続出来るだろうと軽い気持ちで始めました。

 

予約していたレッスン当日、講師はフィリピン人でした。
普段から人見知り&緊張しいな私は、レッスンが始まると汗が滝のように流れてきました。

レッスン自体は、今思えばなんてことのない会話しか聞かれていません。
「名前は?」とか「住んでいるところは?」みたいな簡単な内容ですが、普通に生活をしている中で英語を話す機会なんてないので、思ったように口から言葉が出てきません。

レッスン中は終始「あ、あ、アイドントノー…」か愛想笑いしかできませんでした。
結局レアジョブは、続けることが出来ずに、その無料体験1回で辞めてしまいました。

 

その後に、ネイティブキャンプを始めることになるのですが、レアジョブでの経験を踏まえて、始める前に少しだけ準備することにしました。

準備については後程解説していますので、今すぐ見たい方は下記のリンクからジャンプすることが出来ます。

››オンライン英会話を始める前の準備を見てみる

 

初めは誰でも緊張する!オンライン英会話を利用した人の口コミ

私の体験だけでは不安という方の為に、ネット上の声を集めてみました。
誰でも緊張はするということを、改めて確認しみましょう。

 

 

 

 

 

やはり、皆さん最初のレッスンは緊張していますね。
でも、オンライン英会話の講師は基本的にみんな優しいので、最初は緊張していても、続けていくうちに楽しく感じられるようになりまよ。

 

準備すれば緊張が和らぐ!初めてのオンライン英会話レッスンを乗り切る7つの対応策

上記は、オンライン英会話を始めるに準備しておくことで、少しでも緊張を和らげるための対応策です。
初めてのレッスンが緊張する…という方は、1つからでもいいので、ぜひ確認してお試しください。

 

対応策①:自己紹介を考えておくと出だしがスムーズになる

 

どのオンライン英会話も、レッスンの最初は自己紹介から始まります。
自己紹介ぐらい英語でも出来るよ!と思うかもしれませんが、普段から英語を話すことになれていないと、意外と難しいものです。

 

私も、かろうじて「My name is」が言えるぐらいだったのに、緊張でそれすら出てきませんでした。

なので、不安な方は紙でもいいので、メモしておくとスムーズに声に出すことが出来ますよ。

 

対応策②:利用者の体験動画を見てレッスン風景を予習しておく

 

初めてのレッスンで緊張する原因は、「どんなレッスンをするのか?」「どんなこと聞かれるのか?」とかですよね。
なにを聞かれて、なんて答えたらいいのか?今までにない経験なので、緊張するのは当たり前です。

なので、レッスンの様子を映している体験動画みて、予習しておきましょう。

 

おすすめなのは、Youtubeにある「実際に体験してみた系」の動画です。
いろんなオンライン英会話で試してみた系があるので、ぜひチェックしてみて下さい。

初めてのレッスンの様子や聞かれる内容、どのくらいの英語レベルがあれば良いのかなど、英語を話せない、いわゆる素人の方が体験しているので、かなり参考になります。
下記に参考動画を上げておきますので、気になる方は確認してみて下さい。

 

対応策③:間違っても平気だと認識しておく

 

初めてオンライン英会話を利用する方は、「間違ったらどうしよう…」とか「伝わらなかったらどうしよう」と不安になりますよね。

でも大丈夫です。
だれでも間違えますし、間違えても講師は気にしていません。

 

私は現在カナダに住んでいますが、カナダに在住して10年の方でも未だに「HeとShe」を間違えてたりします。

つまり、レッスンで間違えるというのは至極当然のことなので、気にしなくてOKです。
むしろ、間違えを恐れて話さないことのほうが、上達を妨げることになるのでやめた方が良いでしょう。

 

対応策④:お助けフレーズを予習しておく

 

これからオンライン英会話を始める方は、レッスン中に使えるお助けフレーズを準備しておきましょう。
とっさに出てこないこともあるので、紙に書いておくか、スマホやPCのメモ機能でもOK。

お助けフレーズとは、レッスン中に質問したいときや、音声が聞こえないなどのトラブルがあったときに使えるフレーズの事です。

 

オンライン英会話によっては、お助けフレーズを用意してくれていることもありますが、出来れば自分で用意しましょう。
自分で用意することで、インプットが出来るからです。

インプットしたフレーズを、レッスンで使うことでアウトプットになりますよね。
英語学習は、インプットとアウトプットをバランスよく行うのが1番効率が良いので、出来れば自分でお助けフレーズを用意しましょう。

 

対応策⑤:分からないことはきちんとわからないと言う

 

レッスンで分からないことがあれば、きちんと分からない事を伝えましょう。
うやむやにしていては、上達しないからです。

私は「分からない事を聞く」ということが出来ずに、ずっと愛想笑いをしていましたが、講師からは、「分からないことはきちんと聞いてほしい」と言われてしまいました。

 

講師からしても、どの生徒がどこで躓くのかを分析することで、レッスンの質を上げることに役立ちます。

なので、「分からないことは聞くようにする」を徹底しましょう。

 

対応策⑥:まずは初心者コースから!いきなり難しいコースは選ばない

 

初めてレッスンする方は、初心者コースから始めるようにしましょう。
レッスンの難しさもありますが、1番は講師側が初心者だと認識してくれること。

難しいコースを選べば、講師側もそのレベルにあわせた英語を使います。
初心者コースであれば、ゆっくり丁寧に話してくれるし、できるだけ簡単な英語を使って説明をしてくれるので、安心してレッスンに臨むことが出来ますよ。

 

1番やっちゃいけないのは、フリートークレッスンを選んでしまうこと。
まず会話が続かないですし、緊張で頭が真っ白になります。

私は、ネイティブキャンプの5回目ぐらいのレッスンでフリートークレッスンを選びましたが、5回目でさえ緊張でうまく言葉が出てきませんでした。

なので、まずは初心者コースから、徐々にレベルを上げていけばいいと思います。

 

対応策⑦:どうしても緊張するなら日本人講師が在籍しているオンライン英会話を選ぼう

 

これまで6つの対応策を紹介してきましたが、それでもまだ緊張で不安に思う方は、日本人講師がいるオンライン英会話を選びましょう。
日本人講師であれば、レッスン中に日本語で会話することが出来るので安心ですよね。

 

多くのオンライン英会話は、フィリピン人講師やネイティブ講師しか在籍していませんが、中には日本人講師や日本人カウンセラーが在籍しているサービスもあります。

日本人ならではの悩み(難しい発音など)の相談やレッスンの進め方、おすすめの教材を相談できるので、どうしても緊張してしまうという方は、ぜひお試しください。

 

以上、7つの点を踏まえてからオンライン英会話を探すようにしましょう。
初心者におすすめのオンライン英会話は下記の記事で紹介していますので、本記事を読んで「自分にもできるかも」と思った方は、参考にしてみて下さい。

››参考初心者向け!おすすめオンライン英会話7社の比較・ランキング

 

初めてのオンライン英会話レッスンで役立つお助けフレーズ3パターン

本章では、レッスン中に使えるお助けフレーズを下記の3つのパターンで紹介しています。
どのフレーズも簡単なものですが、初めての場合とっさに出てこないと思いますので、しっかり確認しておきましょう。

 

パターン①:挨拶や自己紹介で使うフレーズ

講師が使うフレーズ返し方
挨拶HiHi
HelloHello
・How are you?
・How's going today?
・What' up?
Good! How about you?
Nice to meet youNice to meet you too
自己紹介What's your name?My name is ○○○
Where do you live?I live in ○○○
How old are you?I'm ○○○
・What's your hobby?
・What do you do in your free time?
・My hobby is ○○○
・I like ○○○

レッスンの最初に使うフレーズです。

ほとんどのレッスンでは最初に“Hi How are you? What’s your name?”と聞かれますので、“Hi I’m good My name is ○○ How about you?”と返せるようにしておきましょう。

最初の挨拶の時に聞かれるのは、名前や住んでいる場所、趣味とか年齢を聞かれるので、ベースになる文章を作っておくと、スムーズに会話していくことが出来ますよ。

 

パターン②:レッスン中のトラブルで使うフレーズ

フレーズ意味
音声トラブルI can’t hear your voice clearlyよく聞こえません
This line is quite noisy雑音がひどいです
・Just give me a second
・Just a moment pleases
・Hold on
ちょっと待ってください
Can you type it in the chat box?チャットボックスに書いてくれますか?
分からない場合・I don't know
・I don't understand
わかりません
Could you please explain little easier?もう少し簡単に説明してくれませんか?
Could you say that again?もう一回言ってくれませんか?
・Excuse me?
・What did you say?
なんて言いましたか?
席を外したい場合Excuse me, I'm going to bathroomトイレ行ってきます

レッスン中に音声が聞こえなくなったときや、聞き取れなかったときに使えるフレーズです。

聞こえなくてわからないのに、分かったふりをするのはやめましょう。
せっかくお金を払っているのに、上達できなかったら意味がないですからね。

 

わからないなら「分からないから、簡単に説明して」とはっきり言ってOKです。
伝わらなくても、根気よくなんども伝えましょう。
講師も、必ず理解するまで聞いてくれますよ。

 

パターン③:質問するときに使うフレーズ

フレーズ意味
質問する場合How do you spell that?どんなスペルですか?
How do you pronounce that?どんな発音ですか?
What dose it mean?どういう意味ですか?

最後は、質問したい時に使うフレーズです。
ちょっとでも疑問に思うことがあれば質問しましょう。
質問することも勉強になりますからね。

 

質問したけど、説明された内容が理解できなかった場合は、先ほど紹介したフレーズ“Could you please explain little easier?”を組み合わせればOKです。

質問することで、自身の上達にもつながりますので、間違いを気にせずにドンドン質問しましょう。

 

まとめ:初めてのオンライン英会話は誰でも緊張するからしっかり準備して臨もう

以上、初めてのオンライン英会話で緊張を和らげるための方法を解説しました。

本記事を読んでもらえればわかったと思いますが、最初のレッスンはだれでも緊張します。
ただ、緊張して何もできなかった…とならない為にも、しっかり準備してから臨みましょう。

 

意外とフレーズを予習することよりも、「ミスしても平気」みたいな心構えの準備をする方が効果がありますので、これから始める方は、ぜひ参考にしてください

もう一度、始める前の準備を見たい方は、下記のリンクから戻ることが出来ます。

››オンライン英会話を始める前の準備をおさらいする

-オンライン英会話
-,

© 2020 ZERO English Powered by AFFINGER5